お墓離れ世代の皆さんへ!

お墓という言葉を見聞きしてイメージするものといえば、おそらく、墓石が立ち並び、お花などのお供え物がなされている霊園、墓地の光景ではないでしょうか。皆さんお住まいの「家」が、現在「生きている」家族との生活拠点であると仮に定義するなら、「お墓」は、子々孫々末代に至るまで引き継いでいく拠り所だといえます。しかし、実情として、世代を重ねるにつれ、「お墓離れ」が進んでいることも事実です。皆さんのなかにも、幼い頃にご両親等に連れられてお墓参りに繰り出した経験はあれ、自分ひとりで、あるいは自分が中心となってご先祖のお墓参りに出向いたことがある方は、わりとすくないのではないでしょうか。

お墓は世代へ引き継ぐもの

さて、繰り返しになりますが、「お墓」は、皆さんがご両親等からそうされたように、次の世代へと引き継いでいかなくてはならないものです。実際にそういう時期に差し掛かっている方、あるいは、まだそういう時期ではない方も、では、「お墓」に対して充分な知識をお持ちでしょうか。多くの方は、けっしてそうではないものだと思います。

それは、やはり「お墓離れ」が進んでいるせいでもあれば、「お墓に関すること」が、伝統的にどこか保守的であり、必要な知識、あるいは説明を受けられる環境が、これまでの日本には充分に存在していなかったためだとも考えられます。自主的に「お墓に関する知識」を遠ざけていた、という方よりも、そもそも「お墓に関すること」なんて、聞いたこともなければ触れる機会もなかった、という方がほとんどではないでしょうか。

第二のマイホームを探す気持ちで!

本サイトは、そんな皆さんに向け、「お墓に関する基礎知識から雑学」まで、幅広くご紹介することを目的として製作されています。これまで身近なものとして「お墓」を認識していなかった方は、ぜひご一読ください。個人の生を全うしたのちの、「第二のマイホーム」であるお墓が、これまでよりもすこしだけ、皆さんのなかで身近な存在になるかもしれません。